~ naoe_blackswan's Diary.*~

「* Instagram.☆」 →『@naoe__blackswan 』

ASKA 「 書き下ろし詩集📖」 (感想③)🍀

『恒星と惑星と衛星🌏』 

この、「恒星と惑星と衛星🌕」は、この詩集の中でも、特に大好きな詩💖😃

こんな、表現があるのか、

考え方があるのか、まったく、、

「飛鳥の考える事は本当にすごいなぁ」
「とても素敵だ💗」と、思ったのでした🌼😊

最初の、「TVのチャンネルシーン📺」も、「会社のグチシーン👄」も、本当にありありと情景が浮かびます(笑)📺🍀

『 愛していると、愛していると言わなくなる💗』

「本当にそうかもなぁ~」 と思った。。

だって、始めは、言葉もなかったですし🌼

アンモナイトの時代は..🐘


『君は、どれを望んでいるか分からないけど』

 

どちらかと言うと、「望んでいる」 っていうか、

「きっとこうなんだろうなぁ⭐」 

というのは、、

惑星か、衛星かな。。?(meは..)🌏

私は、太陽とかの恒星ではないので、どちらかというと、月側だと思うのです☝😉🌕

あと、あなたのこの詩、

「恒星と惑星と衛星🌏🌌」を読んでいて、思ったこと、(と言うか、思い出したことは、、)

「確か、惑星と衛星は、光を受けているだけでよかった。。💗」 


もっと言うと、、

「そこに「いる」だけでよかった💗」

と、
何だか、、

もっと、シンプルに、単純に考えられるようになって、
心が軽くなった気がしました💗😊✨

この考え方は、

「きっと、ずっと覚えておきたい」 

と、思った✌😊💗


本当は全ての詩の感想で言いたい言葉、、

『ありがとう💖😊』

 

『素晴らしい日🌼』 

・・・「素晴らしい日」。

「今日はね、とっても良い日♪
何があったってわけじゃないけど、
素晴らしい日」

ーー素晴らしいですね🎵

この詩も 「素晴らしい詩」! 🎵

どうしてって?💗

なんでもないけど、素晴らしいじゃないか!

この詩と同じですよ🌟

『だって、素晴らしいでしょう?
理由はないけど・・・』

うん☆・・・何でもないけど、それが素晴らしい!🍀

『素』が『晴れている』から、
「素晴らしい☀」

「素」が、「心」が晴れていれば、
何でもいいから、「素晴らしい」のです(笑)🍀👍


さて、続きは、ついにラスト、

『君は僕のものだ』 (感想)は、次のページへ🎀👀

 

「ASKA 書きおろし詩集」 書き写し☆

これまで、4ページにわたって、ASKA 書きおろし詩集の感想を書いてきました🌟✏

 

始めは、いきなり書こうと思ったが、

どうも上手いこといかない、、✏

 

そして、私は、徐にその詩たちを写し出したのです✏😉

これは、もともと公開する予定もなかったし、

曲を聴きながら一心不乱に書いた写し書き(一部)なので、走り書きです。。😅

もっと、ゆっくり丁寧に書けばよかったなぁ~(笑)


f:id:naorin36-0150mj-lv:20190617122420j:image

f:id:naorin36-0150mj-lv:20190617122239j:image
f:id:naorin36-0150mj-lv:20190617121908j:image

f:id:naorin36-0150mj-lv:20190617122335j:image




『 君は僕のものだ🐯(感想)』


この詩が、初めて 「ASKAブログ」で公開された時、
とても衝撃を受け、一目で大好きなった詩💖

ASKAにしては、
珍しく(?)「強き」&「強引」に聞こえる言葉を選んでいるというか。。
(そこにも惹かれました✌)

でも、
今もう一度読んでみると、何となく意味がわかるような気がするのです。。


「君は僕のものだ」

・・・「君は僕のものだ」..。

そんな、
「簡単」で 「単純」、「表面的」な言葉じゃない。

もっと、深い。

さらに深いのだ。。

もちろん、最初は、「二人の物語」だっただろう。

でも、もう、私達だけの問題ではないのだろうね。


ーー今年、私の誕生日の日、
とある物語が頭の中に降ってきた。

ある、「男女の物語」。

それは、「人類初の男女」 の物語だ。

でも、
またそれは、次の「日記」に書くことにしよう✌

そんな、
この「詩」は、「命の、始まり」 さえ思い浮かぶような、
「一番始めのストーリー」を思い起こさせるようなテーマだと感じたのだ。

「花にはもともと名前はない」。🌼

「ライオンは自分がライオンであることを知らない」。🐯

その通り💡

「動物」 に名前なんてなかった

「花」 にも、名前なんてなかった

僕が、「動物」 を呼んだ(求めた)わけじゃない

僕が、「空」 や、「自然」 を呼んだわけでもない

でも、僕には 「君」 が 「必要」 だった。

そう、
君を呼んだのは、紛れもない 「僕」 だ。

「君が生まれたのは、「僕」 が引き寄せたから」

だから、

「君は僕のものだ」

「植物は植物学者を信じていないだろう」

「おとぎ話」 でも言っていたね。

「科学は、謎に追いつけない」 

そう、

『いつの時代も、
科学は、神秘に追いつけない。』

『科学は 「心」に勝てない』のだから。

『必ず』ね。